部門紹介
お知らせ

医療技術部門

放射線科

image
放射線科は画像診断医(非常勤) 3名、 診療放射線技師 7名(男性5、女性2)、 助手 1名がチームを組んで画像診断を担当しています。

<主な検査装置>

X線CT(Computed Tomography)

image 人体を透過したX線をコンピューターを用いて画像処理することにより、輪切りの画像をはじめ、体内の細かな情報を得ることができます。また、造影剤というお薬を使用することで、血管や病変をより鮮明に映し出すことができ、病気の早期発見に欠かすことのできない検査です。
 
                           HITACHI Multislice CT ECLOS16
  • 腹部横断像

  • 3D-CT Angiography

  • 胸部冠状断

磁気共鳴断層撮影:MRI(Magnetic Resonance Imaging)

image 強い磁気の力を利用して、体の内部情報(臓器や血管など)を画像化する検査です。X線CT検査と比較すると検査時間は長く、また、体内に金属や機械を埋め込む治療を受けた患者さんには検査が受けられない場合もありますが、造影剤を使用せずに血管描出ができたり、臓器内部や軟部組織の様子を詳細に観察することが得意です。部位や病変によっては造影剤を使用してさらに正確な画像診断を行うこともあります。特に脳神経外科領域、整形外科領域、婦人科領域では無くてはならない検査の1つとなっています。放射線被曝の心配はありません。 
             Siemens MRI MAGNETOM AVANT(1.5T)
  • 頭部MRA

  • 頭部T2WI

  • 頸椎・腰椎

  • MRCP

一般撮影(エックス線撮影)

image

マンモグラフィー(乳房エックス線撮影)

    乳がん検診や精密検査のため、エネルギーの低いエックス線を用いて詳細な画像を得るための乳房撮影専用の装置です。乳房組織の重なりを避けるため、少し強く乳房を圧迫して撮影を行いますので疼痛を伴う場合もあります。検査は認定資格(検診マンモグラフィー撮影診療放射線技師免許A判定取得)を有した女性技師が中心となり、安心して検査を受けて頂けるよう努力しています。
  • マンモグラフィー

  • HOROGIC LORAD M-Ⅳ

エックス線透視撮影(テレビ装置)

image    以前は胃や大腸のバリウム検査が主に行われてきました が、現在ではリアルタイムの画像を見ながら結石の除去や  消化管の治療などを行うインターベンショナルラジオロジ ー(IVR)が主に行われています。
  こちらの撮影室でも日立製作所製のフラットパネルディテクタを搭載したX線透視撮影装置を設置しています。   
                                                             
                               HITACHI medites CREA
  • 胃X線検査

  • 注腸検査

  • ERCP

超音波検査

image   エコー検査ともいい、人間の耳には聞こえない高い周波数の音波を利用して体の内部情報(臓器や血管など)を画像化する検査です。
  検査の対象となる臓器は肝臓や胆嚢、腎臓等の腹部臓器や、婦人科領域、乳房、甲状腺、心臓、頚部血管、下肢血管などです。
放射線被曝の心配は無く侵襲性の低い検査であり、安心して検査を受けて頂けます。             

                          HITACHI ARIETTA S70
  • 肝臓

  • 胆石

  • 甲状腺

骨密度測定

骨密度測定は、骨粗しょう症をはじめとする代謝性骨疾患の診断や治療効果の判定、骨折リスクの予防に必須な検査です。当院での骨密度測定は前腕骨を用いて測定します。
  • 骨塩定量

  • HITACHI Dichroma Scan DCS-600EXV

ページ先頭へ

PAGETOP