巻き爪(陥入爪)治療
お知らせ

当院の巻き爪(陥入爪)治療について

image巻き爪の治療には、保存的な方法からワイヤー療法、手術など様々な方法が行われています。ワイヤー療法にもいろいろな方法があり、それぞれ特徴があります。
また、手術での治療にもメスを使う方法や、薬品を使う方法など施設によって様々です。当院では、形成外科医による巻き爪治療を行っています。複数のワイヤー療法の資格を持った医師が、保存療法や様々なワイヤー療法と手術から最適な治療を選択し、患者さんに一番良い方法の陥入爪治療を提供します。     

保存的療法

軟膏療法やテーピング療法、簡単な爪棘切除などにより、爪変形の少ない軽度な陥入爪は治療可能です。まずは、保存療法を検討し治療が難しい場合に、ワイヤー療法や手術療法が適応となります

ワイヤー療法

ワイヤーを利用して爪の変形を矯正する方法です。爪の変形の程度、伸び具合、厚さ、などにより、ワイヤーを選択します。通常2~3ヶ月に1回の入れ替えが必要です。爪の状態により複数のワイヤーを併用することも効果的です。ワイヤー治療によって改善が得られないときは手術を行うこともあります。
方法 矯正力 手技 適応 料金
マチワイヤー(形状記憶ワイヤ)
爪の先端にワイヤーを挿入し矯正する方法
簡便 爪が伸びている必要がある 5,000円
VHOワイヤー
爪の根元にワイヤをかけて矯正する方法
中~大 やや煩雑 爪の根元から曲がっている場合 10,000円
オーラシュパンゲ
爪の根元にワイヤをかけて矯正する方法
小~中 やや煩雑 薄い爪に良い適応 10,000円
3TOポドフィックス
爪の表面にワイヤを接着し矯正する方法
簡便 比較的簡単にできる方法 8,000円
ネイル・エイド
爪の先端に器具を被せる方法
簡便 爪が伸びてなくても可能(痛みなし) 4,000円
※料金は、爪ひとつの料金です。複数箇所の場合は加算されます。(例 2箇所なら倍)
※同じ爪に2箇所ワイヤーを使用した場合は、安い方が半額になります。
※診察代金が別途必要です。(診察費用 : 1,000円)
ネイル・エイドによる爪矯正治療
image

手術による方法(健康保険適用)

爪の巻いている部分を一部切除し、爪母を切除(処理)し、その部分の爪が生えてこないようにします。爪の幅が狭くなります。フェノール法は薬剤で爪母細胞を処理し、一般的な手術法はメスで爪母を取り除きます。骨の変形が原因の場合は、骨を部分的に平らにする手術を行うこともあります。
※爪母:爪を作っている部分、爪の根元にあります。
方法 術後疼痛 手技 適応 料金
フェノール法
爪母をフェノールで処理する方法
不要 健康保険
適応
爪母切除術(鬼塚法・小島法など)
爪母をメスで切除する方法
極少 必要 健康保険
適応
骨削り術
骨を平らに削る方法
必要 健康保険
適応
image

巻き爪外来担当医の紹介

  • 簗 由一郎 (やな ゆういちろう)



【主な経歴】
 平成15年  高知大学医学部卒業
 平成17年  東京大学形成外科教室入局 関連病院勤務を経て
 平成19年  埼玉医科大学形成外科勤務 現在に至る
 
 佐々木病院へは平成22年より勤務


主な所属学会・資格
 日本形成外科学会(専門医)
 日本眼形成再建外科学会
 日本美容外科学会
 日本リンパ浮腫治療学会(評議員)
 日本褥瘡学会


【一言コメント】
 私は埼玉県が地元になります。川越高校を卒業後医学部に入学し、卒業後は東京大学形成外科教室で研鑽を積み、現在は埼玉医科大学形成外科で主に勤務をしています。形成外科分野は特殊な専門技術が必要な領域です。遠方の大学病院に足を運ばずに、地元密着の病院で専門的な治療ができれば、患者さんに喜んでもらえると思い、巻き爪・陥入爪治療の外来を開設しました。
 他院でのトラブル症例もふくめて、不安なことはご気軽にご相談下さい。保存治療から最新の形状記憶合金を用いた治療まで低料金で幅広く対応します。患者さんの痛みの改善に少しでも貢献できればうれしく思います。よろしくお願いします。
PAGETOP