巻き爪(陥入爪)治療
お知らせ

当院の巻き爪(陥入爪)治療について

image 巻き爪の治療には、保存的な方法からワイヤー療法、手術など様々な方法が行われています。ワイヤー療法にもいろいろな方法があり、それぞれ特徴があります。
また、手術での治療にもメスを使う方法や、薬品を使う方法など施設によって様々です。当院では、形成外科医による巻き爪治療を行っています。複数のワイヤー療法の資格を持った医師が、保存療法や様々なワイヤー療法と手術から最適な治療を選択し、患者さんに一番良い方法の陥入爪治療を提供します。     

保存的療法

軟膏療法やテーピング療法、簡単な爪棘切除などにより、爪変形の少ない軽度な陥入爪は治療可能です。まずは、保存療法を検討し治療が難しい場合に、ワイヤー療法や手術療法が適応となります

ワイヤー療法

ワイヤーを利用して爪の変形を矯正する方法です。爪の変形の程度、伸び具合、厚さ、などにより、ワイヤーを選択します。通常2~3ヶ月に1回の入れ替えが必要です。爪の状態により複数のワイヤーを併用することも効果的です。ワイヤー治療によって改善が得られないときは手術を行うこともあります。
方法 矯正力 手技 適応 料金
マチワイヤー (形状記憶ワイヤ)
爪の先端にワイヤーを挿入し矯正する方法
簡便 爪が伸びている必要がある 10,000円
VHOワイヤー
爪の根元にワイヤをかけて矯正する方法
中~大 やや煩雑 爪の根元から曲がっている場合 12,000円
オーラシュパンゲ
爪の根元にワイヤをかけて矯正する方法
小~中 やや煩雑 薄い爪に良い適応 10,000円
3TOポドフィックス
爪の表面にワイヤを接着し矯正する方法
簡便 比較的簡単にできる方法 8,000円
※料金は、爪ひとつの料金です。複数箇所の場合は加算されます(例 2箇所なら倍)
※同じ爪に2箇所ワイヤーを使用した場合や、同じ爪に2種類のワイヤーを併用した場合はワイヤーの種類に限らず15,000円です。

手術による方法(健康保険適用)

爪の巻いている部分を一部切除し、爪母を切除(処理)し、その部分の爪が生えてこないようにします。爪の幅が狭くなります。フェノール法は薬剤で爪母細胞を処理し、一般的な手術法はメスで爪母を取り除きます。骨の変形が原因の場合は、骨を部分的に平らにする手術を行うこともあります。
※爪母:爪を作っている部分、爪の根元にあります。
方法 術後疼痛 手技 適応 料金
フェノール法
爪母をフェノールで処理する方法
不要 健康保険
適応
爪母切除術(鬼塚法・小島法など)
爪母をメスで切除する方法
極少 必要 健康保険
適応
骨削り術
骨を平らに削る方法
必要 健康保険
適応
image
PAGETOP