検査紹介
お知らせ

放射線検査のご紹介

磁気共鳴断層撮影:MRI(Magnetic Resonance Imaging)

image 強い磁気の力を利用して、体の内部情報(臓器や血管など)を画像化する検査です。X線CT検査と比較すると検査時間は長く、また、体内に金属や機械を埋め込む治療を受けた患者さんには検査が受けられない場合もありますが、造影剤を使用せずに血管描出ができたり、臓器内部や軟部組織の様子を詳細に観察することが得意です。部位や病変によっては造影剤を使用してさらに正確な画像診断を行うこともあります。特に脳神経外科領域、整形外科領域、婦人科領域では無くてはならない検査の1つとなっています。放射線被曝の心配はありません。 
             Siemens MRI MAGNETOM AVANT(1.5T)
  • 頭部MRA

  • 頭部T2WI

  • 頸椎・腰椎

  • MRCP

PAGETOP